PS4コントローラーをSteamで利用する方法(PCと接続する方法)

00

SteamがPS4のコントローラーを正式にサポートした事でSteam(パソコン)でもプレイステーションのコントローラーを簡単に接続して利用出来るようになった。本稿ではSteam上でPS4コントローラーを利用する方法を記しておく。

有線でパソコンと接続する(USBケーブル)

USBケーブルでPS4コントローラとPCを接続

先ずは確実かつ安定している有線で試した方が良い。

PS4のコントローラーを本体に付属してあるミニUSBケーブルを用いてPCに接続する。尚、コントローラー単体で購入した場合はケーブルが付属していない。本体付属品を利用するか汎用ケーブルを利用しよう。

10

パソコンに接続した時点で自動的にドライバがインストールされる。(Windows10であればダイヤログも出ず、タスクバーで一瞬でインストール処理される)

11

BigPictureモードでPS4コントローラーを有効化する

パソコンでSteamを起動したら画面左上の「表示」から「BigPictureモード」を選択する。

01

(補足:右上のコントローラーアイコンでもBigPictureモードになる)

SteamのBigPictureモードに画面移行した後に右上の「歯車アイコン」をクリックして「設定」に入る

02

設定からコントローラー項目の「コントローラー設定」を選択する

コントローラー設定項目でPS4ゲームパッドが接続されていると、下部に「検出されたコントローラー」に「Playstation4コントローラー」と表示されている事を確認する。(クリックする必要はない)

次に「PS4」サポートのチェックボックスをオンにする。

右に「Playstaionゲームパッドが検出されました」というメッセージが出る。これでPS4コントローラーがSteamのゲームにマッピングされる。

Steam上でPS4コントローラーの動作確認

BigPictureモードのゲームライブラリがPS4コントローラーで操作できる事が確認できる。この時点で挙動が怪しい場合は一旦PCを再起動する事で上手くいくケースが多い。

07

(北米仕様で決定とキャンセルが反対になっているため、後述する設定で変更を行うと操作し易い。)

ゲーム内でPS4コントローラーの動作確認

フルコントローラーサポートされているタイトルで動作を確認する。普段利用しているPS4と兼用でき、別途Xboxコントローラを準備する必要がなくなり便利になった。

08

操作表示までPS4と同様に変化している事が確認できる。(表記までサポートされるかはタイトルの挙動に左右されるがメジャータイトルであれば対応済み)

09

ProjectCarsのVRモードでもバッチリPS4コントローラー操作に対応していく事が確認できる。SteamVR上のタイトルでも基本的には動作可能の様だ。

13

基本的にはデフォルトで問題ないが、個別にカスタマイズしたい場合は後述の方法で変更できる。

無線・ワイヤレスでパソコンと接続する(Blutetooth)

Bluetooth・無線接続でもPS4コントローラーをパソコンで以下の手順で利用できる。ただし先に上述した有線での動作を確認する事を推奨する

DUALSHOCK4とPCをペアリングする

PCにBluetoothが備わっている場合はそのまま無線接続できる。

まず、DUALSHOCK4のShareボタンを推しながらPSボタンを10秒以上同時に長押しする。

ペアリングモードを示す白色点滅状態になる。

Windows側でペアリング設定

PCのWindowsアイコンから「設定」>「デバイス 」を選択

「Bluetooth」>「Wireless Controller」が「ペアリングの準備完了」になっている事を確認

Wireless Controllerをクリックして「べアリング」を選択。暫くすると表記が「接続済み」に移行する。(確認ダイアログが出るケースもあり)

 

あとは有線と同じ工程でSteamのビッグスクリーン状態で操作できる事を確認する。

操作できない・認識しない場合

まずはPS4のゲームパッドの充電・バッテリが十分である事を確認しよう。充電が十分なのに操作できない場合は上記の「Bluetoothデバイスの管理」設定で「デバイスの削除」を行い、再度インストールすると動作するケースも多い。

筆者の環境では有線とBlutoothを充電の度に、繋げたり、外したりを繰り返してると認識しなくなる事があった。Bluetoothで無線接続する場合は充電はPC接続ではなく、別途USB充電のほうが良いかもしれない。

無線・ワイヤレスでパソコンと接続する(ワイヤレスアダプタ)

Bluetoothが備わってないPCではワイヤレスアダプタが必要になる。

DUALSHOCK 4 USBワイヤレスアダプター(amazon)

デュアルショック4の準備

デュアルショック4のライトバーが消えている事を確認。(USBケーブルは接続せず、点灯している場合はPSボタンを押して消灯する)

ワイヤレスアダプタとPCを接続

ワイヤレスアダプターをPCに接続して、矢印方向に3秒以上押す

デュアルショック4とPCをペアリング

DUALSHOCK4のShareボタンを推しながらPSボタンを10秒以上同時に長押しする。ペアリングされると双方のライトバーが点灯する


   

Steam内のゲームパッド操作変更・キーコンフィグ方法

各ゲームのコントローラーの操作方法やSteam BigPictureモード上のメニュー操作を変更・確認したい場合は以下の方法で変更できる。

Steam Bigpicture画面の操作方法変更(○と×を入れ替える)

デフォルトだと決定とキャンセルが反転していて日本人には使いにくい。以下の方法で決定とキャンセルを入れ替える事ができる。

ビッグピクチャーの画面右上の歯車アイコンをクリック

基本設定 > Big Picuture設定を選択する

ゲームの個別設定と同様の画面が出て来るので下図をマウスか十字キーで選択

警告が出る。これはコントローラーしか接続されてない場合、変更を間違えると操作不能になるため。マウスがPCに接続されていれば問題ない。

変更したいボタンを選択する。(この場合は「A」と「B」)

変更したい動きを選択する。○と×を入れ替える場合は「A」をBack 「B」をSelectにする

決定とキャンセルも入れ替わった事を確認する。

ゲームの個別コントローラー設定の変更方法

基本的にはゲーム内のオプション設定で変更するのがベストだが、不可能なタイトルの場合はSteamの設定から以下の方法で変更する事ができる。

まずライブラリを選択

変更したいゲームを選ぶ

「ゲーム管理」 > 「コントローラー設定」を選ぶ

コントローラー設定画面が出る。以下は変更例

例:AボタンとBボタンの位置を入れ替える場合

以下の赤枠部分をマウスでクリックするか、コントローラーキーで選ぶ(マウスの方が操作し易い)

ボタンのバインド画面が出るので「A」を選択するする。 どこに割り当てるか(バインディング)を選択する画面が出る。

画面右下のコントローラー図の割り当てたい箇所をクリックすると、先程まで「A」だった場所が「B」に変更される

 

このままでは両方とも「B」ボタンなので 下図の位置をクリック

同様に割り当てたいボタンの箇所をクリックして変更する。問題なければ「戻る」を選択

正しくボタンの位置が入れ替わっている事が確認できる。

応用・トラブル対応

ゲーム中に設定を変更したい場合

ゲームをプレイ中にコントローラーなどに設定を変更したい場合はデュアルショックの「PSボタン」を押す。

ゲームが起動したまま、Steamのメニュー画面が呼び出されて、コントローラー設定などの各種変更が可能

ライトバーを消したい、色を変更したい

ライトバーを消したい場合は以下の方法で消せる

コントローラー設定 → 個人設定 を選択

「コントローラーライトの明るさ」項目のスライダーバーを左に移動させると暗くなる

限界まで下げると消灯状態になる。同じ要領でコントローラーライトの色相や彩度も変更できる。

ジャイロやタッチパットを無効化したい

Left 4Deadなど一部のタイトルではジャイロやタッチパットに何故かカメラが割り当てられており、誤動作でゲームがプレイしずらい。以下の方法で無効化やカスタマイズが出来る。

コントローラー設定から以下の選択

ゲーム内アクションが「Camera」などになっているので、「なし」を選択する

カメラや移動量が大きすぎる、敏感すぎるので調整したい

ゲームによってはアナログキーによるキャラクターの移動やカメラの操作がクイックに反応しすぎてプレイしずらい場合がある。以下の方法で好み移動量やPS4と同等に併せて変更できる。

コントローラ設定画面からアナログスティックに割り当てられてる「Move」または「Camera」を選択

「マウスの感度」の項目のスライダを左右に調整する。感度が良すぎる場合は左。悪すぎる場合は右にスライドさせれば良い。

移動量を細かく設定したい場合は「高度な設定」>「追加設定」を選ぶ 

各スティックのパラメーターを細かく調整できるモードになる。基本的にはPS4とのマルチタイトルはデフォルトで調整されているので変更しなくても良く、不都合が発生するタイトルのみ対応する模様。

7:補足

・セレクトボタンはShareボタンで代用される

・Steamで利用したコントローラーがワイヤレスでプレイステーション4で認識しなくなった場合は、とりあえずUSBケーブルを用いてPS4とコントローラーを接続すると認識される。

(PS4の「設定」>「Bluetooth機器」>「DualShock4」から再設定)

・PS4コントローラーに対応してないタイトルの場合、殆どのタイトルで安定動作するXbox360有線タイプがオススメ

・パソコンとDUALSHOCK4との接続で挙動が怪しい場合は、パソコンを再起動すると正しく動作するケースが多い。

・ワイヤレスが不調の場合はまず充電が十分である事の確認を行う。

   

こっちで良いのでは?「RX580」の登場でVRレディ最安値になった「RX480」のVR性能と実力
こっちで良いのでは?「RX580」の登場でVRレディ最安値になった「RX480」のVR性能と実力
AMDの最新GPUである「Radeon RX500」シリーズの発売によって、価格が大きく下落している「Radeon RX480」。あ...