Windows Mixed Reality(Windows MR)が自分のPCスペックで正しく動作するかチェックする

Windows MRはhtc VIVEやOculus Riftより低スペックのPCで動作する。新規にVR用のパソコンを用意しなくても、現在所有している機器にMRヘッドセットを購入するだけでVRを開始できる。本稿はWindowsMRに必要なスペックと自分のパソコンがMR機器に対応しているかチェックする方法のメモ

関連記事

「Windows Mixed Reality ヘッドセット」 レビュー。安価で高解像度・外部センサー不要の新型VRの実力
「Windows Mixed Reality ヘッドセット」 レビュー。安価で高解像度・外部センサー不要の新型VRの実力
マイクロソフト主導のMR機器「Windows Mixed Reality」対応HMDの開発者版の出荷が2017年8月28日から始まっ...

・Acer Direct楽天市場店
Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット(モーションコントローラーセット)

Windows Mixed Reality(Windows MR)に必要なPCスペック

Windows MRに必要なスペックは以下のとおり。CPUやGPUのハードルは低い。

*Windows Mixed Realityの最小PCハードウェア互換性ガイドラインより

上記を満たしていれば概ね問題なく動作するが、後述するチェックソフトウェアを用いる事でMRヘッド機器が正しく動作するか購入前にチェックする事ができる。

1:チェックソフト「Windows Mixed Reality PC check」をインストール

Windowsストアからチェックソフトをダウンロードするために、デスクトップのメニューから「ストア」を起動する

ストアが立ち上がったら右上の検索窓に「Windows Mixed Reality」と入力して検索する

「Windows Mixed Reality PC Check」をクリック

ソフトページで「入手」を選択

2:Windows Mixed Reality PC checkを動作させて確認する

入手ボタンが「起動」に変わるのでクリックする

スペックチェックソフトが起動するので「I agree」を押す

グラフィックカード、ドライバ、CPU、メモリ容量、HDD/SSD空き容量、USBのバージョン、OSのバージョン、Bluetoothのチェックが行われる。

緑のチェックが付いてる項目はOK。上記を例にすると、ビデオカードのドライバとOSバージョンが「×」になっている。これはソフトウェア的な問題なのでNVIDIAから最新ドライバをインストールし、Windowsの更新を用いてOSを最新にアップデートすれば解決する。

必須ではないが満たしていれば快適に遊べるスペック

モーションコントローラー制御

ブルートゥースに関しては必須でないが、モーションコントローラーを利用するには必要になるようだ。Bluetooth4.0を備えてない場合は外部アダプタを用意するしかない。ルームスケール対応ソフトを遊ぶ際は事実上必須となると思われる

グラフィックボード性能

CPUが「×」だと厳しいが、GPUが「×」の場合はグラフィックボードの更新で対応できる。

1万円台で買えるGPU

「Geforce GTX 960」,「Radeon RX 460」が90フレームの要件なので、現在流通しているGPUであれば「Geforce GTX 1050 TI」「Radeon RX 560」あたりでも一応動作する事になる。

2万円台で買えるGPU

ただし、SteamVR対応ソフトの必要スペックを踏まえると上記のGPU性能では心もとない。可能であれば「GTX1060 6GB」、「Radeon RX 570」程度を用意したほうが快適に遊べると思われる。VRはビデオメモリーの消費が結構大きいので4GBは欲しい。

3万円以上のGPU

予算に余裕があれば「GTX 1070」クラスを準備できれば、高画質・高内部解像度で遊べそうだ。更なるハイエンドも良いが、VRとしては廉価なWindows MR機器なので、ヘッドセットとGPUのバランスが悪くなるかもしれない。高品質なVRを求めるなら「htc VIVE」+「GTX1080」の方が体験としては上質になると思われる。

・Acer Direct楽天市場店
Acer Windows Mixed Reality ヘッドセット(モーションコントローラーセット)