Windows Mixed Reality(Windows MR)でチュートリアルを再度起動・実行する方法

Windows Mixed Realityの初回セットアップ時に再生されるチュートリアル。このチュートリアルはその後も任意に起動する事ができる。本ページは操作方法を確認したい場合に、再度チュートリアルを起動・行う方法をメモしている。

1:Mixed Realityから「チュートリアル」アプリを起動

まずはMixed Rearityポータルを起動して、モーションコントローラーのウィンドウズボタンを押す。

アプリケーション一覧が表示されるので「すべて」をクリック

更にアプリケーション一覧が表示されるので、「Mixed Realityチュートリアル」というアプリが表示されるまで以下のアイコンをクリックする。

「Mixed Realityチュートリアル」が見つかったらモーションコントローラーで決定する。

アプリのアイコンが設置されるので、決定すると「Mixed Realityチュートリアル」が起動する。

チュートリアルを行う

チュートリアル内容は主に「コントローラーを用いた移動」と「コントローラーを用いた操作」を学ぶ。

起動するとコルタナがチュートリアル内容を説明してくれる。

あとは指示に従って移動する。移動方法はテレポート先をモーションコントローラーで決定して、クリック

クリックするとその場所にテレポートする。テレポートではなく、コントローラーで普通に移動すれば良いのでは?と思うかもしれないが、VR酔いが激しくなる。VR酔いを防ぐためのテレポート移動という事だ。

テレポートするとモーションコントローラーを用いた操作方法のチュートリアルに行こうする。コントローラーで宝石を選択して、決定を押してみよう

宝石が弾ける。すべての宝石を済ませれば次の項目に以降する。

マイクがあれば音声学習のチュートリアルが始まる。

すべて終わるとWindwsホームポータルに戻る

関連記事

関連記事